ガラスの種類・構成:機能ガラス 【耐熱強化ガラス】

特殊な加工と超強化処理がほどこされた、耐熱性能のある強化ガラスです。
一般的な強化ガラスの2倍以上の強度があり、優れた耐熱・遮熱性能を持っているため、防火対策に高い効果を発揮します。

防火対策には【耐熱強化ガラス】

一般にガラスには耐熱性能がなく、高温の炎で熱せられると割れ落ちてしまいます。火災時には、割れ落ちた窓から炎が侵入したり燃え広がったりします。【耐熱強化ガラス】は耐熱・遮熱性能に優れ、火災のときガラスが脱落して炎が侵入するのを防ぎます。また、万一割れても、破片は小さな粒状になるため大けがを防ぐ安全なガラスです。

開放感を演出するクリアな外観

従来防火用のガラスとして使われてきた【網入りガラス】と異なり、金属線が入っていないため外観がクリアで、開放感のある居住空間をつくることができます。

※防火対策に役立つガラスには、ほかに【網入りガラス】があります。火災によるガラスの脱落や燃え広がりを防ぐ効果がある一方、ガラスに金属線が入っているため、クリアな外観を求める場所には向かないことがあります。

ガラスQ&A

ガラスに関するQ&Aをまとめました。

窓ガラスの防火対策について
もっと詳しく知りたいでありマスか?
そんなときは・・・ガラス屋さんに相談でありマス!ガラス屋さん検索

このガラスにできること

安全・安心に暮らす
  • ケガを防ぐ
  • 火災から守る

CLASS ROOM【合わせガラス】

その他のガラス

一般ガラス
  • フロートガラス
  • 網入りガラス
  • 型板ガラス
機能ガラス
  • 合わせガラス
  • 複層ガラス(ペアガラス)
  • 鏡

PageTop