>> トップページ >> ガラス資料館 >> 資料室2:安全設計指針

前のページへもどる

資料室2:安全設計指針

資料室 イメージ

事故や災害時のガラスによる被害を最小限に抑えるために策定された指針や資料を紹介します。

小学校施設整備指針・中学校施設整備指針

文部科学省は、「小学校施設整備指針」「中学校施設整備指針」を9年ぶりに改訂しました(平成13年3月30日付)。

ガラスについては、「ガラスは、人体及びボール等の衝撃や、地震、風等の非常災害に対し破損しにくく、又は破損しても事故につながらないよう、ガラスの安全性能を生かし、使用場所及び使用目的に適したものを選択することが重要である。また、錯覚して衝突しないように、ガラスが認識できる工夫をすることが望ましい。」としており、「ガラスの安全性能を生かし」選択することが「重要」としています。

幼児児童生徒の安全確保及び安全管理についての点検項目(例)

文部科学省は、大阪教育大学教育学部附属池田小学校の事件を踏まえ「幼児児童生徒の安全確保及び安全管理についての点検項目(例)」を改訂し、各地の教育委員会長及び知事宛に通知しました(平成13年8月31日付)。

資料室 イメージ

ガラスについては、学校施設面における安全確保のため、教育委員会等において取り組むべき事項として、「必要に応じ低階層の外部に面する窓ガラスを防犯性能の高いものにしている。」という点検項目が新設されました。

学校におけるガラスの安全設計指針

本指針は社団法人文教施設協会によって策定され、文部科学省からその活用を薦められています(昭和62年7月)。

日常及び非日常(地震、風等の非常災害)におけるガラス破片によるけがから、幼児、児童及び生徒等を守ることを目的に、強化ガラスや合わせガラスの採用を促しています。

目的

この指針は、学校建築のガラス設計にあたり、日常及び非日常時におけるガラス破損によるけがから幼児、児童及び生徒等を守り、併せて維持、管理面を考慮したガラスの安全設計手法の確立を目的とする。

適用範囲

この指針は、学校建築の校舎、屋内運動場等の新築、増改築及び改修時等における設計に適用し、対象は、開口部、出入口、間仕切り、その他のガラス使用部分とする。

安全設計
  • 安全設計の目的

    日常の事故、非常災害によって起こる人体への災害を防止するために、学校における幼児、児童および生徒等の行動・作為に応じ、ガラスの安全性能を生かした総合的な安全設計を行う。

  • 総合的な安全設計

    1. ガラスの持つべき安全性能

      ガラスの持つべき安全性能は、1.「破損しにくいこと」、2.「加撃物が貫通しにくいこと」、3.「破片が飛散しにくいこと」、4.「破片が鋭利でなく、しかも小粒であること」に大別される。以下の表にこの安全性能に特に優れたガラスの品種を示す。

      ガラスと安全性能
      ガラス品種 安全性能
      強化ガラス ・破損しにくい
      ・破片が鋭利でなく、しかも小粒である
      合わせガラス ・加撃物が貫通しにくい
      ・破片が飛散しない
      網入板ガラス ・火炎や火の粉の侵入を防ぐ
    2. 日常の事故に対する安全設計

      日常時における人体およびボール等のガラスへの衝撃に対し、ガラスが破損しにくく、又は破損してもガラスによるケガを防ぐように、幼児、児童及び生徒等の行動・行為と使用場所に応じて、ガラスの安全設計を行う。

    3. 非常災害に対する安全設計

      地震、風等の非常災害においては、ガラスが破損しにくく、又は破損しても事故につながらないよう、ガラスの安全性を生かした安全設計を行う。

  • 維持・管理を配慮した設計

    安全設計を行うにあたっては、維持・管理を十分配慮した設計を行う。

ページトップへ

ガラスを用いた開口部の安全設計指針

「ガラスを用いた開口部の安全設計指針」は国土交通省の指導のもと、不特定多数の人々が利用する公共性の高い建築物の出入口などのガラス開口部について、人体衝突による重大な傷害事故を防止するために策定されました。また、その活用法について、特定行政庁建築主務部長と建築関係団体宛に、本指針をもとに所要の安全対策を講じる必要がある旨の通達が出されています。

本指針では、その目的を達成するために「どんな建物の」「どんな場所に」「どのような」安全ガラスを使うべきかを具体的に説明し、「合わせガラス」「強化ガラス」の採用を薦めています。

また、万が一ガラスへの人体衝突による事故が発生してしまったとき、この指針が示す安全設計への配慮の有無は、建築物の施主・設計者・施工者にとって「建築物の欠陥の有無」「事故を防止する注意義務の有無」の指標となります。

※詳しい情報は、資料請求ページの「こんな場所には安全ガラスを!」や「ガラスを用いた開口部の安全設計指針」をご覧下さい。

ページトップへ

その他の資料室

  • WEBパンフレット

    WEBパンフレット

  • 資料館1

    省エネルギー基準

  • 資料館3

    防犯設計指針

ページトップへ