特集【防犯】 ガラスの上手な選び方

ドロボウに強い家は、ガラスの強い家。

ドロボウは人目がお嫌い!?

ドロボウは目撃されることを嫌うので、侵入に時間をかけません。
グラフに見るように、5分以内に侵入できなければ7割近くのドロボウがその家を諦める、というデータもあります。
従って自宅をドロボウから守ろうと思ったら、侵入に手こずらせ、時間を稼ぐことが効果的ともいえます。
さらに補助錠、セキュリティシステムなどと組み合わせることで防犯効果は高くなります。

出典:(財)都市防犯研究センター「JUSRIリポート」

破壊に強いガラスを用いる

防犯性の高いガラスとは?

前述しましたが、窓からの侵入手口はバールなどでガラスを割る「打ち破り」、サッシ枠とガラスの隙間をドライバーでこじる「こじ破り」など、いずれもガラスの破壊が伴っています。
あなたの家のガラスの種類をいま一度、確かめてみてください。破壊に強いガラスにグレードアップすることも大切な判断です。

フロートガラス
最も一般的で、広く開口部に使用されている板ガラスです。短時間で破壊され、防犯性能は望めません。
型板ガラス
ガラスの片面に型模様が入っていて、向こう側が見通せないガラスです。やはり防犯性能は期待できません。
網入り板ガラス
火炎の延焼防止を目的に使用される金網入りガラスです。防犯性能はフロート板ガラスと同様、期待できません。
防犯ガラス
なかなか貫通せず、ガラス破りに時間がかかります。特殊中間膜の厚さによって、防犯性能が向上します。
防犯ガラスを使った複層ガラス
防犯ガラスを使用した複層ガラス。優れた防犯性能を発揮すると同時に、快適な居住環境を作ります。

PageTop