特集【防犯】 侵入犯から身を守れ!

自分だけは大丈夫という過信は捨て、できる限りの対策で犯罪から身を守りましょう。

防犯にゴールなし!

残念ながら、防犯対策には「これをしたから大丈夫」といったものはありません。
侵入犯は、絶えず仕事のしやすい場所を狙っています。そして、手を替え品を替え、侵入の機会を窺っています。まずは、住宅の総合的な点検をおこない、日頃からちょっとした外出の際にもこまめに玄関や窓の鍵をかける等の習慣を身につけましょう。

基本はシンプルです

侵入窃盗犯は侵入に時間がかかると侵入をあきらめる傾向にあります。

ポイントは侵入に手間取らせる!

つまり、考え方の基本はとてもシンプルです。
“侵入に時間がかかるように対策を施すこと”が重要なポイントなのです。少なくとも5分、できれば10分以上の時間がかかるようにすると良いでしょう。もちろん、どれだけ時間をかけても開けられないドアや割れない窓が望ましいことは言うまでもありませんが、そんなものはありません。

2枚のフロートガラスの間に、厚さ0.76mm以上の柔軟で強靱な中間膜をはさみ、加熱・圧着したガラスです。
突き破るのに時間がかかるため、防犯性に特に優れています。また防音効果や割れても破片が飛び散らない安全性や紫外線を99%カットする効果もあります。

優れた防犯性能を発揮すると同時に、快適な居住環境を実現する複層ガラスもあります。

詳しくはこちら合わせガラス

複数の防犯対策を組み合わせてドロボウを撃退!

ドロボウは、とにかく他人の家に入りたがるのです。 「入られないようにする」には、補助錠、セキュリティシステム(センサーで人を感知して照明が点滅、警報がなる装置などなど)など複数のものと組み合わせることで防犯効果は高くなります。

PageTop