特集【防犯】 建物のココに防犯

どんな家がドロボウを遠ざけることができるといえるのでしょうか?

強度が高ければ防犯性能も高くなる!

防犯官民合同会議では、「建物部品の防犯性能とは、工具類等の侵入器具を用いた侵入行為に対して建物部品が有する抵抗力をいうものとする。」としています。
つまり、建物部品の強度が高ければ、ドロボウを遠ざける確率が高くなるということです。
具体的には以下の図、15品目が会議で定められた部品であり、この部品の強度が高ければ防犯性能も高くなります。

防犯性能の高い建物部品15品目

  • ドア(A種)

    1.ドア(A種)※1

  • ドア(B種)

    2.ドア(B種)※2

  • ガラスドア

    3.ガラスドア

  • 上げ下げ内臓ドア

    4.上げ下げ内臓ドア

  • 引き戸

    5.引き戸

  • 錠、シリンダー、サムターン

    6.錠、シリンダー、サムターン

  • サッシ

    7.サッシ

  • ガラス

    8.ガラス

  • ウィンドウ

    9.ウィンドウフィルム

  • 雨戸

    10.雨戸

  • 面格子

    11.面格子

  • 窓シャッター

    12.窓シャッター

  • 重量シャッター

    13.重量シャッター

  • 軽量シャッター

    14.軽量シャッター

  • シャッター用スイッチボックス

    15.シャッター用スイッチボックス

※1 低層住宅用玄関ドア
※2 中高層マンションやビルに用いられる銅製ドア

このように、建物のあらゆる部分で防犯性能の高さが求められます。
ガラスタウンでは、ガラスを中心に防犯について解説していますが、お住まいの他の部品についても各団体が、積極的に防犯に取り組んでいます。

PageTop