特集【防災】 災害・地震大国日本 ~なぜ地震は起こるのか~

地震とは

なぜ地震は起こるのでしょうか?
私たちが暮らす大地が「揺れる」なんて不思議なことですね。
実は、この地震が起こるという現象は、地球の表面を覆っている「プレート」の動きに関係しています。
「プレート」とは厚さ数十~数百Kmにわたる固い板状の岩石の層で、地球はこの殻によって覆われています。プレートは、十数枚あり、それぞれが年に数cm~数十cmずつ動いており、プレート同士の境目では、両プレートの押し合う力が発生し、この力によってプレート内部にひずみがたまります。長い間をかけてたまったひずみによりプレートは、傷付いたり、もとの状態に戻ろうとします。
この「傷」や「もとに戻る力」こそが地震なのです。

地震の種類

地震は、「活断層型地震」と「プレート境界型地震」の2つに大別されます。
活断層型地震は、ひずみのためにプレートにひび割れがおき、ずれてしまうことにより起きます。
このひび割れを断層と呼び、約200万年前以降に繰り返し動いていた断層で、今後活動する可能性があるとみなされる断層を「活断層」と呼びます。日本には約2000もの活断層があるとも言われており、はじめは小さな崖であった程度が、繰り返しの活動により、山をつくることもあります。
活断層型地震の例としては、1997年(平成9年)に起こった阪神・淡路大震災が挙げられます。

一方、プレート境界型地震は、右の図のように、海のプレートが陸のプレートを押しつつ、引きずり込みながら陸のプレートに潜り込んでいき、陸のプレートがギリギリの状態までひずみ、摩擦の限界がくると跳ね返ることによって起きます。活断層型よりも揺れが大きく、地震の発生にともない、海水が持ち上げられ津波を起こすことが一般的です。
例として、1923年の関東大震災や約100年ごとに起こると言われている東海地震などが挙げられます。

なぜ日本は地震が多いのか

一般的に、日本は地震の多い国とされ、初めて日本にきた外国の方には驚かれることがあります。ほとんど地震のないイギリスやドイツのような国もあり、彼らからしてみれば、日本は地震大国かもしれません。
実際に、私たちの暮らす日本は、ほぼ毎日、震度1以上の地震が日本のどこかで起こっているのです。(気象庁調)

ではなぜ、こんなにも日本には地震が多いのか・・・?

それはやはりプレートが関係しているのです。日本は何枚ものプレートが集中する場所に位置しており、そのプレートの活動により、よく地震が起きるのです。

PageTop