特集【防災】 ガラスと生活安全

ガラスは凶器!?

近年、ガラスはその透明性と解放感が現代人の感覚とマッチし、建物により大きなものを取り入れる傾向が強くなってきています。
また、窓だけにとどまらず、天井や床にまでガラスを使うケースも増え、どんどん生活の中に溶け込んできています。
こうした一方、「ガラスは割れ、破片は鋭利な凶器になりうる」ということもしっかりと認識されています。にもかかわらず、何の対策もとられないまま使用されているケースがあまりにも多く、身近なところに危険が放置されているというのが現状です。

事故が起きてからでは遅い

高齢化社会になり、安全性についてますます真剣に取り組まなければならない時代になってきました。
ガラス破損事故の記事やアンケートからも高齢者が事故に遭うケースが極めて多いことが伺えます。
「ぶつかっても突き抜けない合わせガラスにしておけばよかった」「割れても破片が飛び散らない柔軟な強化ガラスにしておけば、こんな惨事にはならなかった」と思われる例は枚挙にいとまがありません。
事故が起こってからでは遅いのです。「安全対策後進国」と世界中から後ろ指をさされることのないよう早急の対応が必要です。

生活安全(日常におけるガラス事故)

一般住宅および学校におけるガラスの傷害事故実態調査をみると、発生原因の多くが、「よろけて」、「転倒して」、「すべって」、「つまずいて」、「ふざけていて」などで、ケガの程度も自宅治療や通院1~6回というのが大半で、通院7日以上という重大なケースはそれほど多くはありません。
ガラスにおける事故は、事故を起こしてしまった人の「不注意」より、安全設計を怠った「施主・設計者・施工者」の責任が問われます。
「ガラスを用いた開口部の安全指針」は国土交通省の指導のもと、不特定多数の人々が利用する公共性の高い建築物の出入口などのガラス開口部について、人体衝突による重大な傷害事故を防止するために策定されました。この「指針」は建築基準法などの法令ではありませんが、国土交通省はこの「指針」の利用・普及を推進しています。万が一事故が発生してしまったとき、この指針が示す安全設計への配慮の有無は、「建築物の欠陥の有無」、「事故を防止する注意義務の有無」の指標となります。

安全対策のため、「どんな建物の」「どんな場所に」安全ガラスを使うべきかを具体的に示しています。
次に示す箇所には、割れたときに破片が飛び散らない「合わせガラス」か破片が粒状になる「強化ガラス」のいずれかの安全ガラスをお使いください。

安全設計が必要とされる開口部は、下記の2つで判断します。

ガラスの安全対策

  • 強化ガラスフロートガラスを高温に熱した後で急激に冷やしてつくられます。
    同じ厚さのフロートガラスと比べて3倍から5倍の強度をもっていて、万一割れても、破片が細かい粒状になるためケガを防ぎます。
  • 合わせガラス二枚以上のフロートガラスを強靭な樹脂の膜で接着してつくられます。割れても破片が飛び散ることがほとんどないため安全性が高いほか、防音効果や紫外線をカットする効果もあります。

PageTop