特集【省エネルギー】 シンプルライフ2 ~先人の知恵~

はるか昔、電気がなかった時代。現代に比べ、冷房などもなく物質的に豊かではありませんでした。だからこそ住まい方、すなわちライフスタイルを工夫することで少しでも暑さ寒さから身を守ろうと考えたのです。

日本家屋と自然の関係

昨今は輸入住宅が増加し、西洋風の断熱性や遮へい性にすぐれた住宅が目に付くようになりましたが、昔の日本の家屋はこれと反対の方向で機能していたのです。つまり、断熱性や遮へい性といったものをそれほど重要視せずに、太陽や風といった自然エネルギーを積極的に取り込んで、活用する仕組みをとっていたのです。
例えば、屋根の深い庇や軒は顕著なもので、冬の低く差し込む陽光を採り入れつつ、夏には高く昇った太陽からの強い陽射しをさえぎる役目を果たしました。他にも屋敷林や垣根は強い冬の冷たい季節風をさえぎり、夏には木々の間を通る涼風をもたらし、さらに風鈴の音、虫の音が清涼感を演出しました。昔から、その土地に住まう人自身が自然との関わりを持って生活していたのです。

日本の家屋は夏を過ごしやすい家にすることを重視して設計されていましたので、おのずと暑い陽射しを遮ることが大切になってきます。「暑い陽射し」つまり、西日をさける傾向にありました。西日の当たる部屋は室温がどんどん上昇し、不快感や身体への負担を高めるばかりでなく、「揮発性有機化合物」などの発生をも促します。西日のあたる部屋はクーラーも全くといっていいほど効きません。しかし、最近の家は西側にも窓を作るようになりました。
昔ほど西日を嫌わなくなったことや風通しといった理由からか、西に大きな窓を設計しているものが多く見られますが、もし西日の当たる窓がある場合には、遮蔽用カーテンやスクリーン、あるいはブラインドを用いるなどして西日を遮り、室温の上昇を和らげる工夫が必要です。

こんなところに省エネヒント!?~風水・家相~

最近何かと人気の「風水」や「家相」。占いや迷信と思われる要素が残るところもありますが、実は現代で言うところの「地理学」や「建築学」に相当する、先人の経験に基づく知恵が元になったものであるということはご存じでしょうか?
例えば「南が吉で北が凶」というのは、太陽の光が人や家屋にとって重要なものであることからいわれたのです。窓の位置はここにしないと「悪い『気』が溜まる」、、、というのも心霊的なものというより、風が入らず空気の循環がなされないまま湿気が排出されず、その結果カビやダニの原因になることからいわれたものです。つまり風土に根ざした極めて効率的な考え方だったのです。

ガラスにできること西日を避ける

PageTop