特集【省エネルギー】 自然エネルギーとエコ家電

私たちの身の回りにあふれている家電。その中にも近年消費エネルギーなどに配慮した環境にやさしい家電、いわゆるエコ家電といものが出始めています。住まいに自然エネルギーを上手に活かしつつ、エコ家電を取り入れることで、地球と共存できる暮しを、さらに一歩進めることができます。
購入、買い替え時の参考にしてください。

キーワードは「エコロジー」

ここ数年、家電業界は環境へ配慮した製品を次々と発表しています。テレビCMなどでも「エコロジー」「省エネ」を謳ったキャッチコピーを目にすることが多くなり、業界全体で環境問題に取り組んでいることがうかがえます。又、省エネ製品は環境に配慮していることはもちろんですが、実は使い勝手もよく、電気や水道水の使用量も控えられることから公共料金も抑えられ、地球にやさしいだけでなく家計にもとてもやさしいのです!
自然エネルギーとこういった省エネ製品の組み合わせで、一挙両得の省エネライフを楽しみましょう!

上手な家電選びを!~省エネラベル~

家電製品やOA機器が「省エネ法*」の省エネ基準をどの程度達成しているかをラベルに表示する制度があります。消費者が製品を選ぶ際の省エネ性能の比較に役立つことを目的としており、対象製品を購入する際には、このようなマークを参考にして地球にやさしい「上手な選び方」をしたいものですね。

※省エネ法・・・平成11年4月に施行された改正「エネルギーの使用の合理化に関する法律」
テレビ、エアコン、自動車などの特定機器のエネルギー消費性能を向上させるため、「各々の製品において消費効率が現在商品化されている製品のうち最も優れているものの性能以上にする」という世界一厳しい「トップランナー方式」の考え方で、機器毎の省エネルギー基準が作られている。
日本は、省エネ法により各分野で事業者が取り組むべき内容とそれを支援する施策が定められており、省エネルギー対策を積極的に進めようとしているのです。

ガラスにおける省エネラベル

ガラスにおいても省エネ基準となるラベルがあります。このラベルは複層ガラスに貼られており、断熱性能値(熱貫流率)、遮熱性能値(日射侵入率)により「複層」「断熱・複層」「遮熱・断熱・複層」の3種類があります。複層ガラスを使用するということは、生活を快適にしてくれることに加え、環境への負担を軽減してくれるのです。

環境に関するガラスQ&A環境に関するQ&A

PageTop