特集【省エネルギー】 省エネルギーはみんなの課題

国民生活に関わる温室効果ガス<二酸化炭素(CO2)など>の排出が急増しています。
私たちにできることとは?

二酸化炭素(CO2)排出量増加中!

環境省の調査により、2002年度の温室効果ガス排出量が、京都議定書で定めた基準年の1990年を7.6%上回りました。この主な原因は、事務所、学校、病院、役所などの業務活動や家庭生活などの「民生部門」と、自動車、鉄道、船舶、航空の各交通機関などの「運輸部門」から排出される二酸化炭素(CO2)排出量増加に因るところが大きいという報告がなされています。特に民生部門からの二酸化炭素(CO2)排出量が多く、家電製品の省エネは進みましたが、世帯数の増加、機器保有台数増加などにより大幅に増えたことが原因とされています。

複層ガラスで省エネ+お得な生活を!

二酸化炭素(CO2)の排出量が最も多いという民生部門。
では、たとえば日本全国の住宅の窓を高断熱・遮熱複層ガラス(Low-E複層ガラス)に交換した場合、二酸化炭素(CO2)の排出量はどうなるのでしょうか?
実は、地球温暖化に影響する二酸化炭素(CO2)排出量を1年間で約1,700万トン(*)も削減できるのです。1,700万トンは、基準年である1990年の二酸化炭素(CO2)総排出量の約1.4%にあたり、削減目標が6%であることを考えると、非常に有効な対策であることがわかります。それだけではありません。一般的な戸建て住宅の場合、冷暖房費が最高9万円以上も節約できます。

※実際住宅の場合、その効果は、地域や住宅の構造により異なります。
(*)板ガラス協会調べ

PageTop