旧日本家屋の特徴

旧来、「夏を旨とすべし」とされ防寒対策がおざなりにされがちであったといわれる日本家屋ですが、実は日本の気候風土に適した素晴らしい住居であったことが判ってきました。 随所に様々な工夫がみられ、環境にもやさしいことから、現代において見直されています。

藁葺き屋根と囲炉裏

見た目の美しさや暖かさに加え、吸水力に優れ、夏に涼しく冬に温かいのが特徴。

また、囲炉裏から煙を出すことで燻され、雨水による腐食防止や防虫効果があり、耐久性もあります。

土間や壁

土間は藁が混ざっているため通気性が良いので、夏に涼しいのです。

それだけでなく、吸収性にも富んでいるため、熱を逃がしにくいことから冬は暖かいという優れものです。

「和紙」のふすま・障子

100%天然素材、植物の繊維でつくられているので洋紙に比べ大変保存力に優れています。

また、丈夫なだけでなく、独特の美しさやぬくもりがあります。

畳は呼吸しており、調湿効果や吸音効果が期待できます。

閉じる