高断熱複層ガラスに関するQ&A

高断熱複層ガラスに関するQ&Aを集めました。

  • 健康に関するQ&A
  • 環境に関するQ&A
  • 防犯に関するQ&A
  • 防音に関するQ&A
  • 防災に関するQ&A
  • その他Q&A

健康に関するQ&A

Q1.複層ガラスはどれだけ使われているの?

板硝子協会の調査では、平成12年の新築戸建住宅で、約67%、マンション等の集合住宅で、約20%の住宅に使用されています。

Q2.複層ガラスは全ての窓に使うほうが良いのですか?

全ての窓に使うほうが効果的です。

一部屋だけ複層ガラスを使った場合でも省エネルギー効果は得ることができますが、複層ガラスを使っていない部屋への熱の移動が起こり、無駄なエネルギー消費が発生します。できるだけ家全体をすっぽりと断熱材で覆ってしまうこと、つまり開口部の窓を全て複層ガラスにすることをおすすめします。

Q3.複層ガラスは寒い地域以外でも必要ですか?

断熱は、必ずしも冬のためだけではありません。夏を涼しく過ごす観点からも開口部の断熱は必要です。温暖地で、夏の日射を遮り冷房負荷を抑えるためには、遮熱タイプの複層ガラスが効果があります。

Q4.複層ガラスにもいろいろな種類があるのですか?

複層ガラスには、一般的な複層ガラスの他に、夏の太陽エネルギーを遮断し、熱を室内に入れにくくする「遮熱複層ガラス」と、太陽熱を取り入れながら暖房エネルギーをより外に逃がしにくくする「高断熱複層ガラス」があります。基本はこの3つですが、2枚のガラスの1枚に防犯ガラスや合わせガラスや強化ガラス等を使うことによりさまざまな複層ガラスを作ることができます。

また、既存のサッシをそのままに窓ガラスだけ取り替える場合は、アタッチメント付タイプもあります。

Q5.住宅を新築する場合複層ガラスにするとコストはどのくらい上がりますか?

建坪約40坪、窓面積が合計で約30の平均的な一戸建住宅の場合、3ミリ透明ガラスを全て3ミリ+空気層6ミリ+3ミリの複層ガラスに替えても、40万~50万円の建築費増で済みます。(板硝子協会調べ)

Q6.海外でも複層ガラスは使われているの?

今まで日本の省エネルギー基準は世界の中で遅れており、欧米各国、またお隣の韓国では既に新築住宅でほぼ100%複層ガラスが使用されています。人口一人あたりの複層ガラスの使用量はドイツが日本の10倍、アメリカ9倍、イギリス8倍、韓国6倍となっています(1996年 板硝子協会調べ)。

Q7.複層ガラスにするとどのような効果があるのですか?

複層ガラスは、通常2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入することにより、断熱性を高めたガラスです。暖房や冷房が軽減されますので、省エネルギー効果とCO2排出量削減効果が得られます。また、ガラスの表面が冷えませんので結露しにくく、「冬温かく、夏涼しい」快適な室内環境をつくることができます。また、2枚のガラスの厚さを異なるものにすることで、防音効果も期待できます。

Q8.高断熱複層ガラスに使われている特殊金属膜と遮熱複層ガラスに使われている特殊金属膜は同じですか?

金属膜の種類・構成が異なり同じものではありません。高断熱複層ガラスは主に寒冷地の冬の暖かさを考えた断熱性の高い特殊金属膜(高断熱タイプ)を採用しています。一方、遮熱複層ガラスは、主に温暖地における夏の涼しさを考えた日射熱軽減性の高い特殊金属膜(遮熱タイプ)を採用しおり、それぞれ特徴をもたせています。

Q9.高断熱複層ガラスと遮熱複層ガラスのどちらの性能が高いのですか?

主に冬の暖かさに関係する保温性能はほとんど同じですが、夏の涼しさに関係する日射を遮る性能は、後者の遮熱複層ガラスの方が良くなっています。温暖地で日射が強い地域ほど、遮熱複層ガラスの方が相対的に良い性能が発揮される傾向にあります。

Q10.複層ガラスを使うと結露は全く無くなるのですか?

部屋の中の湿度も関係しますので、全く無くなるとはいえませんが、ガラス部分は結露しにくくなります。複層ガラスを使用すると、外のガラス1枚は冷やされても、中空層の断熱効果により、室内の空気にふれているガラスは冷えにくいからです。

Q11.寒い日に窓の近くによるとひんやりとするのはどうしてですか?

「冷放射(或いは冷輻射)」といわれる現象です。窓を通して外気の冷たさが室内に伝えられているからです。複層ガラスと断熱サッシを使用するなど、窓の断熱性能を上げることで、窓辺の“ひえひえ感”(冷放射)を軽減させることができます。

Q12.窓の結露はどうしてできるのですか?

温かい室内側の空気に含まれる水分が、ガラスの表面で冷やされて水滴となり結露します。複層ガラスにすると、外気温が低い寒い場合でも、室内側ガラス表面の温度は下がりませんので、結露が発生しにくくなります。(※結露防止には、複層ガラスにすると同時に、「台所・浴室の湿気を換気扇で排出する」、「洗濯物を室内に干さない」など、部屋の中の湿度を下げる工夫も必要です。)

Q13.結露はアトピーなどの原因になるのですか?

結露は、窓、壁、ジュータンなどのカビ、ダニの発生に関係し、アトピーの原因にもなります。また、カーテンを汚したり、窓枠などを腐らせたりすることにも影響を与えています。

Q14.アタッチメント付き複層ガラスをつけるとサッシの部分の結露もなくなるのですか?

変わりありません。ガラス部分は複層になりますので結露しにくくなりますが、サッシ部分は断熱化されませんので、結露に関してはほとんど同じです。

Q15.家具や人が日焼けしないガラスってありますか?

室内の家具や人が日焼をするのは、一般的に使われている透明ガラスが60%以上紫外線を通しているからです。一方、防犯ガラスや合わせガラスは中間膜により99%以上紫外線をカットしますので、家具や人の日焼をかなりの程度防ぐことができます。また、遮熱複層ガラスも特殊金属膜により85%以上紫外線をカットします。

環境に関するQ&A

Q16.複層ガラスはどれだけ使われているの?

板硝子協会の調査では、平成12年の新築戸建住宅で、約67%、マンション等の集合住宅で、約20%の住宅に使用されています。

Q17.複層ガラスは全ての窓に使うほうが良いのですか?

全ての窓に使うほうが効果的です。

一部屋だけ複層ガラスを使った場合でも省エネルギー効果は得ることができますが、複層ガラスを使っていない部屋への熱の移動が起こり、無駄なエネルギー消費が発生します。できるだけ家全体をすっぽりと断熱材で覆ってしまうこと、つまり開口部の窓を全て複層ガラスにすることをおすすめします。

Q18.複層ガラスは寒い地域以外でも必要ですか?

断熱は、必ずしも冬のためだけではありません。夏を涼しく過ごす観点からも開口部の断熱は必要です。温暖地で、夏の日射を遮り冷房負荷を抑えるためには、遮熱タイプの複層ガラスが効果があります。

Q19.複層ガラスにもいろいろな種類があるのですか?

複層ガラスには、一般的な複層ガラスの他に、夏の太陽エネルギーを遮断し、熱を室内に入れにくくする「遮熱複層ガラス」と、太陽熱を取り入れながら暖房エネルギーをより外に逃がしにくくする「高断熱複層ガラス」があります。基本はこの3つですが、2枚のガラスの1枚に防犯ガラスや合わせガラスや強化ガラス等を使うことによりさまざまな複層ガラスを作ることができます。

また、既存のサッシをそのままに窓ガラスだけ取り替える場合は、アタッチメント付タイプもあります。

Q20.住宅を新築する場合複層ガラスにするとコストはどのくらい上がりますか?

建坪約40坪、窓面積が合計で約30・の平均的な一戸建住宅の場合、3ミリトーメイガラスを全て3ミリ+空気層6ミリ+3ミリの複層ガラスに替えても、40万~50万円の建築費増で済みます。(板硝子協会調べ)

Q21.海外でも複層ガラスは使われているの?

今まで日本の省エネルギー基準は世界の中で遅れており、欧米各国、またお隣の韓国では既に新築住宅でほぼ100%複層ガラスが使用されています。人口一人あたりの複層ガラスの使用量はドイツが日本の10倍、アメリカ9倍、イギリス8倍、韓国6倍となっています(1996年 板硝子協会調べ)。

Q22.複層ガラスを使うと住宅金融公庫の融資に特典があるのですか?

省エネルギー住宅工事に関し、省エネルギー基準(平成4年基準)に適合した住宅については、1戸あたり100万円、次世代省エネ基準(平成11年基準)適合住宅については、1戸あたり250万円の割増融資が受けられます。

Q23.複層ガラスは地球温暖化に効果があるの?

CO2の排出による地球温暖化が大きな環境問題となっていますが、複層ガラスによる住宅開口部の断熱化は、冷暖房消費エネルギーを削減することにより、民生部門でのCO2排出量の削減に大変大きな効果が期待できます。

Q24.省エネルギー性能の高い住宅が一目でわかる制度はあるのですか?

昨年施行された品確法の一つの柱である住宅性能表示制度では住宅の性能を表わす9つの項目が定められており、省エネルギー性能については「温熱環境基準」として4つの等級で表示されています。

Q25.省エネルギー基準で薦めているガラスを教えてください。

次世代省エネルギー基準(平成11年基準)では、I 地域・II 地域(北海道などの寒冷地)が高断熱複層ガラス、III 地域以西は遮熱複層ガラスが該当します。

新省エネルギー基準(平成4年基準)では、I 地域・II 地域・III 地域(北海道・東北・北陸など)は複層ガラスが該当します。

詳しくは資料「省エネルギー基準」をご参照下さい。

Q26.省エネルギー基準って何ですか?

省エネルギー基準は、省エネルギー及び地球温暖化防止を目的としています。制定された年代別に3種類あります。

1つは、オイルショックを契機として昭和55年に制定された「省エネルギー基準」です。

2つめが、平成4年基準(新省エネルギー基準)です。

3つめが、温室効果ガスの排出量削減を目的に制定された、平成11年基準(次世代省エネルギー基準)です。

Q27.住宅以外でも複層ガラスを使うと税制上の特典はあるのですか?

所定の断熱性能を満たす複層ガラスをビルに使用すると、エネ革税制(エネルギー需給構造改革促進税制)による投資減税制度の適用が受けられます。エネ革税制は国の省エネ促進策の一環として平成4年に創設され、その後も2年毎に更新され現在平成12年から平成14年3月31日まで延長されています。

詳しくはQ板硝子協会ホームページをご覧ください。

Q28.複層ガラスにするとどのような効果があるのですか?

複層ガラスは、通常2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入することにより、断熱性を高めたガラスです。暖房や冷房が軽減されますので、省エネルギー効果とCO2排出量削減効果が得られます。また、ガラスの表面が冷えませんので結露しにくく、「冬温かく、夏涼しい」快適な室内環境をつくることができます。また、2枚のガラスの厚さを異なるものにすることで、防音効果も期待できます。

Q29.高断熱複層ガラスに使われている特殊金属膜と遮熱複層ガラスに使われている特殊金属膜は同じですか?

金属膜の種類・構成が異なり同じものではありません。高断熱複層ガラスは主に寒冷地の冬の暖かさを考えた断熱性の高い特殊金属膜(高断熱タイプ)を採用しています。一方、遮熱複層ガラスは、主に温暖地における夏の涼しさを考えた日射熱軽減性の高い特殊金属膜(遮熱タイプ)を採用しおり、それぞれ特徴をもたせています。

Q30.高断熱複層ガラスと遮熱複層ガラスのどちらの性能が高いのですか?

主に冬の暖かさに関係する保温性能はほとんど同じですが、夏の涼しさに関係する日射を遮る性能は、後者の遮熱複層ガラスの方が良くなっています。温暖地で日射が強い地域ほど、遮熱複層ガラスの方が相対的に良い性能が発揮される傾向にあります。

防犯に関するQ&A

Q31.防犯もできて省エネにもなるガラスはありますか?

あります。防犯ガラスを使った複層ガラスには、防犯効果と省エネ効果があります。その際には室内側に防犯ガラスを使うと防犯効果をさらに高めることができます。

Q32.ガラスを割って泥棒が侵入する割合はどれくらいあるのですか?

戸建て住宅で60%以上、共同住宅で約20%、事務所・店舗などで約30%という統計結果があります。ピッキングが注目されていますが、実はガラスのほうが狙われているのです。

防音に関するQ&A

Q33.複層ガラスには防音効果があるのですか?

複層ガラスを使うと、結果的にガラスの合計厚さが厚くなっているため防音効果が高まります。たとえば、透明な3ミリのガラスと、同じガラスを使った複層ガラスを比べるとガラスの合計厚さは2倍になります。ただ、2枚のガラスの厚さが同じ複層ガラスは、低音域で2枚のガラスが共振現象を起こし、遮音上の弱点となるので、2枚のガラスを異なる厚みにすることで遮音性を高めることができます。

Q34.二重窓と防音性能の高いガラスとではどちらが効果がありますか?

一概に優劣はつけられませんが、窓の厚さを壁並にかなり厚くできる場合、二重窓の方が高い防音性能が得られるといわれています。ただ、サッシが2重になることから、開閉の煩わしさとコストアップを伴います。一方、異厚複層ガラスや合わせガラスと気密性の高いサッシの組合せは一枚のサッシでそれなりの防音効果が得られるという利点があります。

Q35.ガラスを替えるだけで防音性能は上がりますか?

窓の防音性には「サッシの気密性」がかなり影響します。音波は、光よりもずっと波長が長いので、障害物の周囲から裏側に回る(回折)性質を持っていますので、隙間や孔から容易に室内に入ってしまいます。ガラスを替えるとともに、音が入りやすいサッシ周辺の隙間を少なくしたサッシ(気密サッシ)を用いることが大切です。

防災に関するQ&A

Q36.普通のガラスにフィルムを貼って地震対策に効果がありますか?

フィルムは短期的な地震対策に有効です。一方、フィルムは定期的な貼り替え工事が必要ですので、長期的にみればトータルコストは高くなります。また、施工の方法によってはガラスの飛散防止効果が損なわる場合があります。新築時や長期にわたって地震対策を行う場合には合わせガラスがおすすめです。

Q37.地震のときも安心な複層ガラスはありますか?

合わせガラスや防犯ガラスや強化ガラスを室内側に使った複層ガラスがおすすめです。割れても安全で、さらに結露防止や省エネルギー効果があります。防犯ガラスを使った場合はさらに防犯効果もあります。

その他Q&A

Q38.複層ガラス・合わせガラス・強化ガラスも切断できるのですか?

複層ガラス、強化ガラスの切断はできません。合わせガラスは、品種によって異なりますが、一般的には切断は困難です。

Q39.割れないガラスはありますか?

現在の技術では、割れにくいガラスはありますが割れないガラスはありません。

Q40.マンションに住んでいますが、窓ガラスの取替えはできますか?

取替えはできますが、分譲マンションの場合、窓は共用部にあたりますので、管理組合の承諾が必要です。

Q41.普通の家の窓には何ミリの厚さのガラスがはまっていますか?

一般的な住宅では、透明のガラスの場合は一般的に3~6ミリ、不透明の場合は4ミリ、網入りの場合は6.8ミリです。

Q42.複層ガラスの片方のガラスが割れました。割れたガラスだけを取り替えることはできますか?(注意:片方のガラスとは、空気層をはさんで向かい合っている室内側と室外側にある2枚のガラスの1枚をさします。)

片方だけ取り替えることはできません。

Q43.複層ガラスには寿命がありますか?

複層ガラスの封着部には有機材料が使われている関係から半永久的に使えるものではありません。10年間の保証をつけているメーカーもあります。

Q44.複層ガラスとペアガラスはどう違うのですか?

同じものの呼び方が違うだけです。

Q45.複層ガラスと合わせガラスは同じものですか?

違います。複層ガラスは2枚のガラスの間に乾燥空気を密封したもので、合わせガラスは2枚のガラスの間に樹脂製の中間膜をはさんだものです。

Q46.出窓は複層ガラスにできますか?

できます。

Q47.新築のときに複層ガラスにするのと、後から取り替えるのとではどちらが安くなりますか?

新築の時の方が全体としてお安くなります。後で取り替えると、取り替えの費用や手間・工賃が加算されますので、新築時に複層ガラスを使用されることをお勧めします。

Q48.新築住宅に、複層ガラスを使用する場合、サッシも複層用になるのですか?

複層用サッシを使うのが一般的です。但し、やむを得ず単板用サッシを使う場合は、複層ガラスにアタッチメントと呼ばれるアダプターをつけて使うこともできます。

Q49.省エネ・防犯・防音・安全のすべてに効果のあるガラスはありますか?

防犯ガラスを使用した複層ガラス(2枚のガラスの1枚に防犯ガラスを使った複層ガラス)は、省エネ・防犯・防音・安全に効果があります。

Q50.機能ガラスはどういう会社がつくってるの?

板ガラスメーカーや全国安全硝子工業会、全国複層硝子工業会、全日本鏡連合に加盟している専門メーカー等が、JISの認定を取得し製造しています。

Q51.機能ガラスに取り替えたいけど、どこに頼めばいいの?

お近くの街のガラス屋さんにご相談下さい。

今お使いのサッシはそのままにガラスだけを取り替えることもできます。(一部サッシの種類や他の制約条件によりお取替えができない場合があります)

Q52.機能ガラスって何?

結露防止、断熱、日射遮蔽、防犯、防音、破損時の安全や紫外線カット等、より快適な生活環境を創るための機能を備えたガラスです。「機能ガラス」は最初「複層ガラス」、「安全ガラス(強化ガラス・合わせガラス)」、「鏡」の3種類から始まりました。現在ではさらに「遮熱複層ガラス」「高断熱複層ガラス」「防犯ガラス」が加わりました。「機能ガラス」は聞きなれない名称ですが、透明ガラスや型板ガラスや網入りガラスなど、上記機能(結露防止、断熱、日射遮蔽、防犯、防音、破損時の安全や紫外線カット)を持たない「一般的なガラス」に対して用いられています。

*網入りガラスは火災時の延焼、類焼を防ぐ効果があります。

Q53.ガラスを取り替えてもらう時、材料代のほかにどんな費用がかかるの?

一般的には施工費と経費が材料代の他にかかります。経費には、出張費や交通費、撤去費(今お使いのガラスを外す費用)、副資材費(ガラスのはめ込み用のビード、シリコーンなど)、廃材処理費などが入ります。特殊なケースですが、ガラスの大きさや重量により施工が困難な場合や、取り替えが困難な箇所で足場等を組む必要のある場合等は別途費用が必要です。事前に街のガラス屋さんにご相談されることをおすすめします。

Q54.ガラスは何でできているの?

板ガラスはけい砂や石灰石、ソーダ灰など地殻に多く存在する天燃資源を主原料としており、地殻とほぼ同じ成分です。同じ仲間にガラス瓶があり、「ソーダライムガラス」と呼ばれています。同じガラスでも、カットガラス・花瓶等のクリスタルガラスやサイフォン・耐熱鍋等の耐熱ガラスは、板ガラスとは組成が異なる別の種類のガラスです。

Q55.ガラスはなぜ透明なの?

ガラスの学術上の定義は「結晶を析出することなく、熔融体が冷却固化された無機物」です。通常、物質は結晶が寄り集まって構成され、結晶の境目があるので、光が当たると、程度の差はありますが反射、吸収、透過のいずれかをします。ところが、ガラスは結晶がなくて方向性もないことから、光は乱反射もせず真っ直ぐに通り抜けるので「透明」になります。ガラスの分子は無限につながっていて境目がなく、光の波長よりも充分に小さいので、光は乱反射することもなくガラスの分子の間を容易にすり抜けてしまうのです。原理的には、水が透明なのと同じようなことです。

Q56.ガラスはどうやってつくるの?

けい砂、ソーダ灰等の原料を混合し、プールに屋根を付けたような大きな窯の中に入れ、約1600℃の高温で熔かします。その熔けたガラスを溶融した金属の上に浮かせて表面を平坦にする「フロート方式」、2本のロールの間を通して表面に型模様をつける「ロールアウト方式」と呼ばれる独特の方法で板状に成形し、それをゆっくり冷やして歪みをとると、皆さんご存じの板ガラスのできあがりです。

Q57.ガラスはどうやって切断するの?

ガラスは木や紙のようにノコギリやカッターでは「切断」できません。硬い金属刃(昔はダイヤモンドを使っていました)でガラス表面に線を引くようにキズ(カッター線と呼びます)をつけ、カッター線の真裏を支点として上から力を加えて「折り割る」のです。きれいに折り割る技術は街のガラス屋さん特有の技術です。

Q58.ガラスはいつから使われているの?

ガラスそのものの起源は4000年以上昔のエジプト、メソポタミア文明まで遡ります。その後永い年月を経てガラス工芸品やガラス器の技術が進歩しました。窓に板ガラスが登場するのは1~4世紀のローマ帝政時代で、16世紀にヨーロッパでベネチア・グラスが栄えた頃に各地に伝播し、18世紀の産業革命を境に様々な技術の進歩とともに工業生産が始まりました。日本では江戸~明治時代の板ガラスはすべて貴重な輸入品で、窓に国産の板ガラスが使用され始めたのは、明治末期以降です。

Q59.ガラスの棚板やテーブルトップはどこに頼めばいいの?

ガラスと同様、お近くの街のガラス屋さんにご相談下さい。

使用目的によって、強度上必要なガラス品種、厚みが決まります。また、寸法・形状によっては切断・加工ができない場合があります。

Q60.ガラスの切断面にはどのような加工が施されているの?

皆さんの目に触れない部分すなわちサッシ枠にのみ込まれているガラス切断面(ガラスエッジと呼びます)は、欠けやソゲ等のないクリーンカットの状態となっています。

棚板やテーブルトップのエッジは湿式砥石で磨く2次加工(面取り加工、擦り加工、磨き加工など)が施されています。

Q61.ガラスの重さはどれくらいですか?

板ガラスの比重は2.5です。計算式は、板ガラスの重量(kg)=2.5×板ガラス厚さ(mm)×板ガラス面積(㎡)です。ちなみに、5mmの厚さで1m×1m(1㎡)の大きさの板ガラスの重量は、12.5kgとなります。

Q62.ガラスに寿命はありますか?

板ガラスそのものに寿命はありません。しかし、板ガラスとその他部材を組み合わせた合わせガラスや複層ガラスには組み合わせた部材の経年劣化が考えられるので、製品としては寿命があるといえるでしょう。

Q63.ガラスだけ買ってきて自分で取替えはできますか?

必要な部材及び道具を持ち、手順を把握していれば可能ですが、安全面を考えると、街のガラス屋さんに任せることをおすすめします。

Q64.今窓で使っているガラスを再利用して複層ガラスや合わせガラスに取り替えることはできますか?

今入っているガラスを再利用して、複層ガラスや合わせガラスに加工することはできません。

Q65.今使っているサッシにはどのくらいの厚さのガラスが入れられるのでしょうか?

1枚ガラスの入っている一般的な住宅用サッシの場合、ガラス嵌め込み部分の広さ(溝幅)が9mm、11mmとなっています。(サッシメーカーにより違う場合もあります。)

一般的には、9mm・11mmの溝幅のサッシには、6.8mmの網入(線入)までの厚さのガラスが嵌め込み用ガラスとして想定されていますが、ガラスとサッシの間に一定の間隔(面クリアランス)が必要となりますので、嵌め込み可能なガラス厚については、街のガラス屋さんにご相談ください。

Q66.一戸建て住宅に住んでいますが、サッシはそのままでガラスだけ取り替えることはできますか?

ほとんどの場合可能です。

一般的な住宅用サッシの場合、強化ガラス(厚さ4mmか5mm)や合わせガラス(総厚6mm)や防犯ガラスの一部はそのまま取り替えることができます。ガラスの総厚さが大きくなる場合(複層ガラスや網入りガラスを使った防犯ガラス・合わせガラスなど)はアタッチメントと呼ばれるアダプターを使ってガラスの厚さを調整します。

詳しくはお近くの街のガラス屋さんにご相談ください。

Q67.アタッチメント付複層ガラスを使うとアミ戸が使えなくなるって本当ですか?

窓のガラスをアタッチメント付複層ガラスに替える場合、一部アミ戸が使えなくなる場合があります。サッシのメーカーやお使いになられるガラスの種類によって異なりますので詳しくはお近くの街のガラス屋さんにご確認ください。

PageTop