ガラスの種類・構成:機能ガラス 【強化ガラス】

フロートガラスを高温に熱した後で急激に冷やしてつくられます。
同じ厚さのフロートガラスと比べて3倍から5倍の強度をもっていて、万一割れても、破片が細かい粒状になるためケガを防ぎます。

割れにくく、割れても安全なガラス

加熱・冷却処理によって強度が高められた強化ガラスは、手でたたいたり、ボールがぶつかったりしてもなかなか割れません。
また、万一割れても破片が鋭利な刃先のようにならず、小さな粒状になるため大ケガをする心配がありません。
住宅、お年寄りのいる部屋はもちろん、多くの人が集まる学校やオフィス、デパートなどで使われています。

防犯性能は期待できません

【強化ガラス】は、その名前から「防犯機能を持つガラス」と思われがちですが、これは誤りです。
フロートガラスと比べて割れにくく割れても安全な反面、ガラスの脱落を防ぐことができないので、防犯性能は期待できません。
防犯対策には【合わせガラス】をお勧めします。

ガラスQ&A

ガラスに関するQ&Aをまとめました。

割れにくい安全な窓ガラスについて
もっと詳しく知りたいでありマスか?
そんなときは・・・ガラス屋さんに相談でありマス!ガラス屋さん検索

このガラスにできること

安全・安心に暮らす
  • ケガを防ぐ

さまざまな機能を備えた強化ガラス

  • 耐熱強化ガラス

CLASS ROOM【合わせガラス】

その他のガラス

一般ガラス
  • フロートガラス
  • 網入りガラス
  • 型板ガラス
機能ガラス
  • 合わせガラス
  • 複層ガラス(ペアガラス)
  • 鏡

PageTop