ガラスの種類・構成:一般ガラス 【網入りガラス】

網状の金属線を入れたガラスです。
網には、ガラスが割れたときに破片が落下するのを防止する効果があります。そのため、火災時にガラスが破損しても隙間ができず、火炎の侵入を防ぐのに役立ちます。

火災時の延焼を防ぎます

網入りガラスは、火災時に火の侵入を防ぎ、また、外への延焼を防ぐ効果のあるガラスです。延焼の危険性が高いビル街や住宅密集地などで使われています。
※使用すべき部位は、消防法によって定められています。
なお、金属の熱膨張率が異なることから、温度変化の激しい場所ではガラスにヒビが入る恐れがあります。

網入りガラスは防犯ガラスではありません

「網入りガラス=防犯機能を持つガラス」と思われがちですが、これは誤りです。
フロートガラスと比べて破片が飛散しにくく、脱落しにくいガラスですが、防犯機能は期待できません。
防犯対策には【合わせガラス】をお勧めします。

ガラスQ&A

ガラスに関するQ&Aをまとめました。

窓ガラスの防火対策について
もっと詳しく知りたいでありマスか?
そんなときは・・・ガラス屋さんに相談でありマス!ガラス屋さん検索

このガラスにできること

安全・安心に暮らす
  • 災害から守る

その他のガラス

一般ガラス
  • フロートガラス(透明ガラス)
  • 型板ガラス
機能ガラス
  • 強化ガラス
  • 合わせガラス
  • 複層ガラス(ペアガラス)
  • 鏡

PageTop